■秘書検定合格のための基本的心がけ


秘書検定は、2、3級はさほど難しくなく、独学で参考書などでも充分勉強できるようですが、準1級、1級になると、それなりの対策が必要になるようです。 まず、筆記試験ですが、時事問題も出題されるため、日ごろの出来事、話題にも興味を持っておく必要がありますし、専門用語も知っておかなければいけません。

特に女性の場合、普段はあまり時事問題に興味の無い人も多いでしょうし、新聞を読んでみても、結構意味が言葉も多く出てくるかもしれません。 秘書検定でさらにレベルアップを目指すなら、普段から新聞を読む習慣をつけておいたほうが良いでしょう。分からない言葉があれば、その都度調べるようにします。

面接も重要です。初めに入室したときの第一印象も影響しますから、日ごろから立ち居振る舞いに気をつけておく必要があります。 まずは、鏡の前で、笑顔を作る練習から始めた方が良いかもしれません。

面接で、要領よく課題をこなし、的確な報告、説明が出来るようにするために、ロールプレイングなどの訓練も行った方が良いでしょう。 ロールプレイングは、やはり一人では練習できませんので、学校などで練習した方が良いでしょう。学校だと、大抵は授業の中でロールプレイングも行われます。

これ以外、時間があれば、友達同士などでロールプレイングの練習も行ってみることです。友達同士だと、初めはどうしても恥ずかしく、うまくしゃべれないものですが、これを克服し、落ち着いて話が出来るように努力しましょう。

言葉使いにも注意しましょう。普段、何気なく使っていた言い回しが、実は誤った使い方だった、ということが結構多いものですし、敬語の正しい使い方も改めて勉強した方が良いみたいです。

>>>資格試験合格のための能力開発ツール「合格の方程式」
>>>試験に受かる記憶術を養う「ユダヤ式記憶術」

■本サイト人気コンテンツ


★ 秘書検定の問題はどんなもの?
2級の試験問題の一つを紹介してみましょう。秘書A子の上司(常務)は体調を崩し、現在は入院中だが、関係者以外には伏せてある。A子も知っている業界紙の記者・・・ 続きを読む

★ 試験突破のための面接対策
秘書検定は、準1級、1級になるとかなり難易度が高くなり、特に面接が難関と言われます。面接は、身だしなみや態度、ふるまいなどを含め、ビジネスの場にふさわしいか・・・ 続きを読む

★ 難易度を知る!合格率は?
直近の受験者数は年間述べ18万人に達している秘書検定ですが、第87回秘書検定(2009年2月)の結果は、2級=受験者数26,569名 合格者数17,248名  合格率64.9%・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 合格のための参考書選び
★ 合格のための基本的心がけ
★ 複数級の同時受検が可能
★ 1級合格のためには
★ 資格取得の一番の目的