■秘書検定の日程


秘書技能検定試験は、年間2回実施されますが、ただし、3級および2級は、年に3回実施されます。
秘書検定2、3級は 2月・6月・11月。
秘書検定準1級、1級は 6月・11月。
面接日程は、各試験会場によって異なります。

2、3級は一次試験で合否の判定が行われます。一次試験は筆記試験で、解答は基本的にマークシート方式ですが、最後の部分には記述式の問題も出されます。試験時間は120分で、60分経過すれば途中退室できます。

準1級以上になると一次試験の後、二次試験があり、一次試験が合格基準に達した受験者が二次試験を受ける資格が得られます。一次試験の合否通知と共に二次試験の案内が送られてきます。 二次試験は、試験官との面接方式で行われます。

秘書技能検定試験の日程は、年3回、2月・6月・11月に行われます。試験会場は、全国に150ヶ所以上にあるので、都合のよい会場で受験できます。試験会場は、北海道・東北・関東・中部・近畿・中四国・九州・沖縄のブロックで分かれ、ブロックは選択可能ですが、会場の希望は出せません。会場は、専門学校が多いです。 願書受付期間は、約1ヶ月と短いので、事前に確認し、早めに出願した方が良いでしょう。他の資格試験ともバッティングしないよう注意が要ります。

願書は、全国の特約書店に常備してあり、大学の生協内や本屋さんには大抵置かれています。ファミリーマートなどのコンビニの専用機械からも申し込めます。願書と受験料は、現金書留で郵送する他、インターネットでの申し込みもできます。 検定料は、・3級:2,500円 ・2級・3級併願:6,200円 ・2級:3,700円 ・準1級:2級併願:8,500円 ・準1級:4,800円 ・1級:6,000円。 このようになっています。

>>>資格試験合格のための能力開発ツール「合格の方程式」
>>>試験に受かる記憶術を養う「ユダヤ式記憶術」

■本サイト人気コンテンツ


★ 秘書検定の問題はどんなもの?
2級の試験問題の一つを紹介してみましょう。秘書A子の上司(常務)は体調を崩し、現在は入院中だが、関係者以外には伏せてある。A子も知っている業界紙の記者・・・ 続きを読む

★ 試験突破のための面接対策
秘書検定は、準1級、1級になるとかなり難易度が高くなり、特に面接が難関と言われます。面接は、身だしなみや態度、ふるまいなどを含め、ビジネスの場にふさわしいか・・・ 続きを読む

★ 難易度を知る!合格率は?
直近の受験者数は年間述べ18万人に達している秘書検定ですが、第87回秘書検定(2009年2月)の結果は、2級=受験者数26,569名 合格者数17,248名  合格率64.9%・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 合格のための参考書選び
★ 合格のための基本的心がけ
★ 複数級の同時受検が可能
★ 1級合格のためには
★ 資格取得の一番の目的