■資格保有のメリット


秘書とは、一般的に「会社・官庁・団体・学会等で、 上司について共に働き、上司の仕事を助け、補佐する人」 と定義されるようです。上司の補佐と言っても、いろいろな ことを行わなければいけません。その秘書の職能を統一基準で 評価し格付けしているのが「秘書技能検定試験」=「秘書検定」 ということになります。

国家資格ではありませんが、公的試験なので、合格すれば、 きちんと履歴書に肩書きとして表記することができます。 秘書検定は女性の事務職の人たちにとって唯一の職能検定試験 ということになります。年間受験者総数は、2,3級あわせて 約20万人に昇りこれまで500万人を超える人たちが受験しています。

秘書検定は、あらゆるビジネス・シーンに適応できる常識ある 社会人をめざすのが目的です。実力主義になりつつある現在の 社会で、社会に通用する事がアピールでき、自分のステイタス を確実にアップできる資格、とも言えます。秘書になるため だけではなく、どこでも通じるビジネスマンのスキルとしても 身につけられます。

資格を取ることで、自己研鑽が出来、仕事へのやりがいもさらに 生まれます。また、これから社会に出る学生の場合、自信を 持って企業にアピールできるスキルが身に付きます。年々、 秘書検定に対する企業の興味関心も高まっていて、就職活動の 際でも有利な資格として位置づけられています。

>>>資格試験合格のための能力開発ツール「合格の方程式」
>>>試験に受かる記憶術を養う「ユダヤ式記憶術」

■本サイト人気コンテンツ


★ 秘書検定の問題はどんなもの?
2級の試験問題の一つを紹介してみましょう。秘書A子の上司(常務)は体調を崩し、現在は入院中だが、関係者以外には伏せてある。A子も知っている業界紙の記者・・・ 続きを読む

★ 試験突破のための面接対策
秘書検定は、準1級、1級になるとかなり難易度が高くなり、特に面接が難関と言われます。面接は、身だしなみや態度、ふるまいなどを含め、ビジネスの場にふさわしいか・・・ 続きを読む

★ 難易度を知る!合格率は?
直近の受験者数は年間述べ18万人に達している秘書検定ですが、第87回秘書検定(2009年2月)の結果は、2級=受験者数26,569名 合格者数17,248名  合格率64.9%・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 合格のための参考書選び
★ 合格のための基本的心がけ
★ 複数級の同時受検が可能
★ 1級合格のためには
★ 資格取得の一番の目的