■秘書検定に関する総合サイトへようこそ


--------------------------------------------
【直近の秘書検定日程】
■春の検定 (第91回)平成22年6月20日
願書受付期間 平成22年4月13日〜5月19日


■秋の検定 (第92回)平成22年11月14日
願書受付期間 平成22年9月6日〜10月13日


■冬の検定 (第93回)平成23年2月6日
願書受付期間 平成22年12月1日〜平成23年1月11日
--------------------------------------------
【参照】秘書検定の日程について

秘書検定は「秘書技能検定試験」が正式名称のことで、 (財)実務技能検定協会が主催する、文部科学省認定 の資格です。年々受験者は増加していて、現在はのべ 250万人が取得しています。試験は、年齢や学歴、性別など は関係なく誰でも受験できます。資格取得に際しビジネス の場で必要な共通の知識・技能、社会人として求められる 一般常識や、接遇・マナーなどを学ぶ事になります。

秘書検定試験の問題は、秘書としての業務に関するもの だけではなく、来客対応や電話対応のマナーや、敬語の 使い方、さらに、ビジネス文書の形式、慶弔時のマナー、 コミュニケーション能力など、ビジネスの世界で生きる人間 としての一般常識を幅広くカバーする内容となっています。

このため、秘書だけでなく、ビジネスマナーや一般常識を 学習したい方にも秘書検定は適した資格と言えます。秘書は、 企業のトップをサポートする専任秘書として、又、さわやかな 笑顔と丁寧なことばで応対するオフィスレディとして企業が 求める人柄育成をめざした資格認定なのです。

秘書検定に合格する、ということは、事務や営業といった 様々な職種でも、スキルの高さを証明できることになります。 転職、就職の際にも有利な資格の一つでしょう。秘書検定 には1級、準1級、2級、3級と、4つのレベルに分けられ、 1級は難関ですが、逆に秘書検定3級は比較的合格しやすく、 多くの人が受験しているようです。

当サイトは右側のメニューから秘書検定に関する様々な テーマを解説しています。是非各ページをご参考下さい☆

>>>資格試験合格のための能力開発ツール「合格の方程式」
>>>試験に受かる記憶術を養う「ユダヤ式記憶術」

■本サイト人気コンテンツ


★ 秘書検定の問題はどんなもの?
2級の試験問題の一つを紹介してみましょう。秘書A子の上司(常務)は体調を崩し、現在は入院中だが、関係者以外には伏せてある。A子も知っている業界紙の記者・・・ 続きを読む

★ 試験突破のための面接対策
秘書検定は、準1級、1級になるとかなり難易度が高くなり、特に面接が難関と言われます。面接は、身だしなみや態度、ふるまいなどを含め、ビジネスの場にふさわしいか・・・ 続きを読む

★ 難易度を知る!合格率は?
直近の受験者数は年間述べ18万人に達している秘書検定ですが、第87回秘書検定(2009年2月)の結果は、2級=受験者数26,569名 合格者数17,248名  合格率64.9%・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 合格のための参考書選び
★ 合格のための基本的心がけ
★ 複数級の同時受検が可能
★ 1級合格のためには
★ 資格取得の一番の目的

■秘書関連最新ニュース